背を伸ばす方法や少しでも背を高く見せる方法をご紹介!

日本人の平均身長は意外と高い!?日本の身長事情

 

身長の差、見た目ではっきりと分かるその違いは、時にコンプレックスの原因となります。
小学生時代であれば多少身長が低くても、将来伸びる可能性を期待出来たでしょう。
しかし、高校を卒業して20歳を超える状況になると焦りが出て来るのではないでしょうか?

 

低身長をコンプレックスにしている人は非常に多く、特に男性に高い傾向があります。
やはり慎重は男らしさの一因にもなるため、低身長では異性にモテにくいことにも繋がるでしょう。

 

そんな低身長に悩む人に、身長を高く見せるコツや伸ばす方法を紹介したいと思います。
まずは日本人の平均身長などの情報からまとめてみます。
そもそもどのぐらいの身長があれば高身長と呼ばれるのか、そこから学んで行きましょう。

 

 

日本人男性の平均身長

身長測定する男性

日本人男性全体の平均身長は、約170センチ程度となります。
世代や年代、計測方法によっても異なりますが、170センチが1つの目安になると考えて良いでしょう。

 

つまり低身長と言うのは170センチよりも低いことを差しているのです。
もし自分自身の身長が170センチ以下なら、それは残念ながら低身長という分類に入ります。

 

都道府県ごとの平均身長も算出されていますが、目立った際は見られていません。
住んでいる地域に関係なく、170センチが基準となるのは揺るぎない事実と見て良いでしょう。

 

 

日本人女性の平均身長

身長測定する女性

一方の女性ですが、平均身長は約157センチぐらいになります。
男性と比べると13センチも平均が低いですが、これは遺伝子的にも仕方がないことです。
例外は往々にしてあるのですが、世界で見た場合もやはり男性の方が平均身長は高いです。

 

さて、もし自分自身の身長が157センチよりも低い場合は、やはり低身長だと認めざるを得ないでしょう。
しかしネットのアンケートでは、150センチ以上であれば小さいという印象は受けないとの結果が出ています。

 

男性から見た場合、ほとんどの女性が自分よりも身長が低く見えるからでしょう。
数センチの差はあまり意識されていないと見て良いです。

 

男性もそうですが、都道府県別に平均身長を見ても違いはありませんでした。
日本人の性質として、女性は157センチが平均の身長となります。

 

 

平均身長は年々高くなっている

日本人の平均身長は、年々高くなる傾向にあります。
2000年の初期は、男性の平均身長は160センチ程度、女性の平均身長は151センチほどでした。
今の平均身長と比べると遥かに小さかったのです。

 

これには様々な説が議論されており、遺伝子の変化や食生活の変化が有力だと言われています。
昔と比べてアメリカの食文化が浸透していますし、何よりも飢えるということが少なくなりました。
肉や高カロリーな食事が多くなり、全体的に高カロリーになっています。

 

こうした食生活の変化により日本人の平均身長は今後も緩やかに高くなって行くでしょう。

 

身長は遺伝するのか?

 

 

低身長は改善できる

身長が伸びた男性

低身長に悩む人は、平均身長の数字を見る度に落ち込んでしまうかもしれません。
ですが、それは間違いです。
人の価値、そして個性は身長では決してはかれないものだからです。

 

中には身長が一定以上無いと就けない仕事がありますが、そうした一部を除けば大きなマイナスにはならないでしょう。
前向きな気持ちを持ちつつ、身長を高く見せるコツや伸ばす方法を知ってみてください。

 

低身長のコンプレックスを抱えているだけでは何も改善されません。
どうすれば身長を高く出来るのか、それを学ぶ気持ちを持ってみましょう。

 

身長を高く見せるコツ

身長の数字にばかり目が行きがちですが、これを物理的に伸ばすのには限界があります。
身長自体を伸ばすための努力はしつつも、他の確度からアプローチしていくことも大事です。

 

例えば姿勢
姿勢が良い人と悪い人とでは、圧倒的に前者の方が高身長に写ります。

 

次に適度に筋肉のついた健康的な身体
筋肉が付き、身体が大きく見えるようになれば印象はかなり変わってきます。

 

これらの面から改善していくのに、今注目を集めているのがパーソナルジムです。
パーソナルジムと言えばダイエット、という印象が強いかもしれませんが、姿勢の改善から健康的な身体作りができるところが最大の特徴です。

 

身体に関する悩みをお持ちの方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

参考サイト:パーソナルジムを徹底比較