質の良い睡眠、適度な運動、栄養バランスの良い食事を摂る生活習慣が理想です。

身長を伸ばすための生活習慣

 

高身長には栄養バランスの良い食事が大切です。
しかし、それだけでは高身長は現実にならないのです。

 

身長を伸ばしたいなら、それが実現する生活習慣を身に付けなければなりません。
骨の成長には様々な栄養素が必要ですが、実は成長ホルモンの分泌も大きく関係しているからです。
ここでは成長ホルモンの分泌を促す生活習慣や、高身長に近付けるポイントを紹介したいと思います。

 

 

質の良い睡眠を取る

布団で眠る女性

成長ホルモンは寝ている時に分泌され、そのピークになるのが22時から2時だとされています。
近年の研究では時間帯ではなく睡眠の深さが関係しているとの発表がありますが、どちらにしても睡眠が大切なことに変わりはありません。

 

個人差もありますが、基本的には6時間から8時間の睡眠を取るのが理想的です。

 

スマホの普及により夜更かしをしやすくなっている現代では、慢性的な睡眠不足に陥る人が多いのです。
睡眠時間が減ると成長ホルモンの分泌量が減少し、浅い眠りが増えてしまうでしょう。
そうなると自然と身長が伸びにくくなり、低身長という状態になるのです。

 

質の良い睡眠を取るためにも、夜間の間食は避けて寝る1時間前には風呂を済ませておいてください。
そして、遅くても日付が変わる前に電気を消して暗くすると良いです。

 

 

適度な運動をする

男女二人でウォーキング

1日30分以上散歩する運動を行うだけで、成長ホルモンの分泌量は大きく変わります。
学生時代はそれなりの運動をしていても社会人になると運動量は激減します。
そうした運動不足を解消するだけで成長ホルモンの分泌が促されるのです。

 

また、適度な運動により骨に刺激を与えることも大切です。
刺激をまったく受けないと弱い骨になってしまい、骨折のリスクが高まります。
身長も伸びにくくなるので忘れないようにしておきましょう。

 

質の良い睡眠を取り、適度な運動を行い、そして栄養バランスの良い食事を取るのが高身長になる生活習慣です。
本気で身長を伸ばしたいと考えているなら、こうした生活習慣を実践してみましょう。
最初は大変かもしれませんが、健康的な肉体作りなどにも効果があるのでおすすめです。

 

肥満防止やストレス軽減、体内時計のリセットなど様々なメリットが発生します。
ぜひこうした生活習慣を意識した毎日を送ってみてください。