身長が高く見える服装を選んで、低身長をカバーしましょう。

身長が高く見える服装

 

低身長な自分が好きでは無い、そんな人におすすめなのが服装でフォローする方法です。
今すぐ身長を伸ばしたいと思っても、悲しいことに伸びてはくれません。
食生活や睡眠などの生活習慣を変えようとしても、すぐに身長が伸びることは無いでしょう。

 

そこで利用したいのが服装で身長を高く見せる方法です。
服装によっては実際の身長よりも高く錯覚させることが可能なため、普段着に上手く取り入れてみてください。

 

どうすれば身長が高く見えるのか、具体的な例を紹介したいと思います。

 

 

身長が高く見える男性の服装

洋服をイメージする男性

男性の場合なら、まずは縦に細い線が入ったストライプの上着を着るようにしてみましょう。
こうすることで身体のラインが引き締まったように見え、身長が高く感じさせられるのです。
この時のポイントとしては、ストライプの線が細い物を選ぶことです。
ストライプの線が太いと横に広がっている印象になるので、身長が高いイメージを与えにくくなるのです。

 

太っている場合は少し大きめの服を着てゆったりした状態にするのも良いです。
こうすることで横では無く、高さに意識が向くように出来るのです。

 

また、なるべく明るい色を選んでおくのも大切です。
明るい色は相手にポジティブな印象を与えるので、身長を高く見せるストライプ効果を高めてくれるでしょう。

自分に合う服装を探しつつ、こうした要素を考慮すると印象が変わります。

 

 

女性が身長を高く見せる服装

低身長な女性は可愛いと言われますが、本人が高身長を望んでいる場合は褒め言葉になりません。
身長を高く見せてスラッとしたボディラインを強調したいなら、そう見えるような服装選びを行いましょう。

 

男性と同様に、縦に細い線が入ったストライプ柄の服装を取り入れてみてください。
ワンピースでもアウターでも、そうしたデザインを意識するだけで印象が大きく変わります。
他にも、トップスに明るい色を入れて視線を上に向けさせる方法も有効です。
極端な例ですが、黒いワンピースに白いマフラーをするだけで視線は上に向かいます。

 

これだけでも視線が上に向けられ身長が少し高く錯覚させられるのです。
様々な工夫を行い低身長を服装でフォローしてみましょう。